螺旋式うぇーぶ

螺旋式うぇーぶ

バラノラが長文を書きたいときのためのブログ

斬機いまこう55(虚無空間、神の宣告)

f:id:psychicnaminami:20211021003334j:image

やあ。

今回は、まだ大したことは考えてないけど、最近の構築についてやったりやろうとしたりしていることについて考えていく。

ふたつの話題があるけどそれぞれは関係ないョ(こうすることで、単体で書くような大きな話題でなくても記事として残せるようになる)

f:id:psychicnaminami:20211021003750j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.10.21】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×3
マイクロ・コーダー
レディ・デバッガー ×3
増殖するG ×3
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】10
サイバネット・クロスワイプ
サイバネット・マイニング
墓穴の指名者 ×2
抹殺の指名者 ×2
禁じられた一滴 ×3
転生炎獣の聖域

【 罠 】2
斬機超階乗
虚無空間

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-デスサイズ
アーティファクト-ロンギヌス ×3
ドロール&ロックバード ×3
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×3
アーティファクトの神智 ×3
レッド・リブート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

まず、虚無空間について。

最近採用を試している。

が、モチベが低くあまりたくさん対戦できていないのとカードが制限であるがゆえあまり引くことができておらず、ほぼ机上論状態ではある。

採用意図は単に強力だからで、先攻後攻をそこまで問わずに活躍できるパワーカードなのでひとまず採用してみた。

先攻では、解除できる方法(手打ちできる魔法)があればもちろんただ強いし、超階乗まで行けているときは開かずとも勝ちor開かないと負け(解除法無し)or超階乗チェーンで解除のいずれかになるのでいずれの場合でも問題無く機能する。ウィキッドベイルまでのときも開いて延命という先攻罠の役割があるため先攻ではもちろん強い。

後攻では、想定はファイナルやアクセスを出しつつもキルが取れないときにセットしてターンを返せるようにするという使い方。

特に、先攻のときはさほど問題にならない相手のデストロイに対して後攻だと妨害を打たれつつつ後続を残されてしまうので、そういうときにも一旦踏んでから次のターン立て直すということができるようになる。

この使い方をする場合圧倒的にマグマを併用したいんだけど、ダラン3枚目と要相談。

(ダラン3枚目は基本的に必要だけど、代わりがマグマであるなら必要性は少し小さくなる。超階乗のダイアを墓穴で抜かれた際、返しのターンでダイア+サブトラ系でマグマを出すことで最低限ダイア入りを立てることができる。)

よって、先後ともに強いと思われる虚無空間を最近採用している。

マグマ方程式も入れて試さないとね。

 

ーーー

 

次に、神の宣告について。

最近、一滴のメイン採用率が爆増していてできることならば対策を打ちたい。

簡単な解決法は神の宣告を採用することであって、先攻ならば文句無しに強力な一滴の対抗札を増やすことができる。

この方法の問題点はもちろん後攻の弱さであって、神の宣告は先の虚無空間などと違って後攻から引いたときに活躍させるのが難しい。

(大量の手札誘発もしくは他の罠と併用することで後攻からでも相手の展開を余裕をもって止めることができるのであれば良いのだけど、斬機は宣告を入れた上で他の妨害札を大量に入れることなどできない)

ので、神の宣告そのものを採用するのは微妙だと考えたのだけど、後攻でも弱くない神の宣告代用カードがあることを思い出した。

それは、マイクロ・コーダーである。

(前回斬機いまこう54(マイクロ・コーダー改) - 螺旋式うぇーぶでコーダーについて書いたので少し紛らわしくなってしまったけど、前回のそれとは採用目的が全く違うコーダーなので気をつけて!)

コーダーは、成立初手+コーダーを握っていれば基本展開+コンフリクトを構えることができるので成立初手+宣告と実質的に同じである。

また、後攻においては一応サイバースの展開に使うことができるので宣告よりはマシ。

他のサイバースよりは弱いし被ると悲惨だけどね…

コーダーに繋がるカードはデバッガ、コーダー、マイニングがあるので普段の展開にもなるべく活用できるようにこれらのカードをある程度散らして採用しするのが良いと思う。

このコンフリクト案に関しては虚無と違ってまだ全く試していないのでコンフリクト入り構築もまだ作れてないけど、宣告を入れるくらいならこちらが断然良いんじゃないかと思う。

 

ーーー

 

というわけで、虚無空間と、神の宣告改めコンフリクトの採用についてでした。

 

どちらの構築も新鮮ピチピチなのでこれを読んだそこのあなたも今の環境のうちに試してみてね!

 

f:id:psychicnaminami:20211021013053j:image

(後攻デストロイ意識虚無マグマ方程式入り構築)

 

f:id:psychicnaminami:20211021013111j:image

(先攻一滴意識コーダーマイニング増しコンフリクト入り構築)

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

ゼンマイいまこう2(1枚初動、ロンゴミ)

f:id:psychicnaminami:20211009003816j:image

(↑DeckMakerの仕様変更のおかげでいつもの画像が作れなくなった。大変不服である。)

 

ーーー

 

やあ。

きょうは、今期もマイティが帰ってこなかったゼンマイを考えていこう。

一応前回の記事以降マック型未来型のゼンマイを組みはしたものの特に記事にはしなかったことを若干後悔しているので、今回は遠慮無く新しい型についてバリバリ書いていこうと思う。

 

 

f:id:psychicnaminami:20211009004200j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0ゼンマイロンゴミ21.10.06】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】24
アーティファクト-デスサイズ
ゼンマイウォリアー
ゼンマイシャーク ×3
ゼンマイネズミ ×3
ゼンマイマジシャン ×3
増殖するG ×2
幽鬼うさぎ
No-P.U.N.K.セアミン ×2
灰流うらら ×3
No-P.U.N.K.フォクシー・チューン
D-HERO ダッシュガイ
D-HERO ディバインガイ
SRタケトンボーグ
SRベイゴマックス

【 魔法 】15
スマイル・ワールド ×3
フュージョン・デステニー ×3
墓穴の指名者 ×2
金満で謙虚な壺 ×3
抹殺の指名者 ×2
緊急テレポート ×2

【 罠 】1
無限泡影

【 エクストラ 】15
天霆號アーゼウス
幻影騎士団ブレイクソード
発条機雷ゼンマイン
発条空母ゼンマイティ
No.75 惑乱のゴシップ・シャドー
ダウナード・マジシャン
No.86 H-C ロンゴミアント
アーティファクト-ダグザ
リプロドクス
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
発条補修ゼンマイコン
トロイメア・ユニコーン
アクセスコード・トーカー
召命の神弓-アポロウーサ
D-HERO ディストピアガイ

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
ダイナレスラー・パンクラトプス
ドロール&ロックバード ×2
増殖するG
怒炎壊獣ドゴラン
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×3
冥王結界波 ×3
レッド・リブート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

1枚初動

今回のゼンマイで重視したことは1枚初動である。

これまで2枚初動が当たり前だったところ、最近のカードでそれなりの1枚初動をデッキに組み込むことができるようになったので、2枚初動前提でss☆3をたくさん積むという方式をやめ、1枚初動カードとそれに繋がるカードを採用し1枚1枚の価値が高くなるようにした。

その1枚初動とは以下のカードたち。

ベイゴマックス

緊急テレポート×2

(コスト要する)スモールワールド×3

(これらを拾う)金謙×3

マイティ制限の現状どうしても展開は3×2以上で始めないとまともなことができないので、3×2が1枚で揃うカードとなっている。

緊テレはセアミン→フォクシー→セアミンとして3×2を揃えることができる。

ベイゴマスモワはともかく、この緊テレギミックを採用するに至る理由はこのセアミンフォクシーであり、これらのカードも手札にきた場合他のカードと組み合わせて初動とすることができる。なのであんまりゴミではない。

ss☆3は採用していないものの、2枚初動で3×2展開以上の展開ができる組み合わせも一応残っており、それは以下。

マジ+シャーク

マジ+セアミン

セアミン+シャーク

セアミンは1体でns3×2できるデスガイドみたいなものなのでシャークと組めるのはもちろんのこと、フォクシーで手札を切れるのでマジとも組めるのが素晴らしい。

フォクシーはss☆3なので、何かの間違いでもう1体のss☆3を出せたり、ネズ+マジ+フォクシーなどで展開することができる。

3×2からはロンゴミに行くわけだけど、ゼンマイ3からも最低限の妨害を用意することはできるので、ss☆3は最悪ネズやシャークと組むことができる。

 

ロンゴミ

3×2から何をするかを考えたところ、一滴や結界波が流行っている現環境においてそれらで捲られない展開が良いと思った。

FTKはEX消費が激しく、金謙が使えなかったり汎用性が落ちたりするので、一滴ケア可能&EX消費少なめのロンゴミにした。

ロンゴミ展開の良いところは強烈なマストカウンターが無いところ。

ゼンマイをバラバラっと並べさえできればあとはリプロとゴシップが通ればよいだけなので、マストはこれらとなるわけだけどこれらを無効にしても場のモンスターをテキトーに固めてデスフェニ+デスサイズに行くことができる。

かといってマイティやマイコンに誘発を当てるというのは、後述の上振れ展開においては貫通できる当て方となる。

ここに誘発を当てさえすれば勝ち!みたいな強烈なマストカウンターは、他のゼンマイのFTK展開などと比べると無いと言える。

 

展開

3×2からの展開が基本展開で、それより強い展開と弱い展開がある。

特に強い方は(私が)ルートを覚えるのが難しいのでここでしっかりまとめておきたい。

 

ss☆3×2(基本展開)

2体でマイティssマジAss、

2体でマイコンssネズAサーチnsマジA蘇生、

ネズA除外ネズBssマジAefマジBss

マイコンマジAでリプロss、

ネズBefマジA蘇生マジBefシャークAss、

ef☆3マジAefウォリss、

ネズBシャークAでゴシップss、

リプロでマジA戦士、

マジAウォリでロンゴミss、

ゴシップefロンゴミ5素材、

リプロマジBでアナコンダssデスフェニss。

盤面:アナコンダ+ロンゴミ+デスフェニ

 

ウォリアーを素引きしている場合はマジAでウォリアーをssできないので、この通りに展開できない。

が、P.U.N.K.を初動としているなら手札のウォリアーを切れるので、途中

ネズBefウォリ蘇生マジBefマジCss

ウォリefマジB☆5マジCefシャークAss

とすることでマジを3枚使うもののロンゴミまで到達することができる。

(マジを3枚使うルートはマジ2枚素引き時やスモワでマジを飛ばした場合にできない)

(ウォリ素引きの対応は他のルートでもだいたい同様)

 

セアミン+シャーク

セアミンでマイティssシャークAss、

マイティefマジAss、

シャークAef☆3マジAefマジBss

マイティマジAでマイコンssシャークBサーチ

マジBefネズAssネズA除外ネズBss

マイコンマジBでダグザss、

ネズBefマジA蘇生デスサイズセット、

シャークBssマジAefマジCss

ダグザマジAでリプロssシャークB☆3、

マジCefウォリss、

ネズBシャークBでゴシップss、

リプロでマジA戦士、

マジAウォリでロンゴミss、

ゴシップでロンゴミ5素材、

リプロマジCでアナコンダssデスフェニss。

盤面:アナコンダ+ロンゴミ+デスフェニ+デスサイズ(セット)

 

シャーク素引き時はマジまで待たずマイティss時に即座にssしておくことで、マイティに誘発を貰っても耐える。

セアミンシャークでは召喚権を使ってしまっているのでアナコンダしか出せないけど、ベイゴマシャークなどではマイコンssからゼンマイ3展開と同じ事をしてデスフェニ+デスサイズに行ける。

また、上の展開はマジ3枚だけどマジ3枚無いときはモンスター1体減るのでダグザを経由せずロンゴミデスフェニだけとなる。

ちなみに、ロンゴミ+デスサイズを決めるとちょうど500+2200+2500+3000=8200となる。

 

マジ+セアミン

マジA捨てつつセアミンでマイティss、

ネズAssefマジA蘇生、

マイティネズAでマイコンssシャークAサーチ

マジAefマジBssシャークAssマジBefネズBss

ネズB除外ネズCssマイコンマジAでリプロss

ネズCefマジA蘇生、

シャークAef☆3マジAefウォリss、

ネズCシャークAでゴシップss、

リプロefマジA戦士、

マジAウォリでロンゴミss、

ゴシップefロンゴミ5素材、

リプロマジBでアナコンダssデスフェニss。

盤面:アナコンダ+ロンゴミ+デスフェニ

 

マジと2枚で組めるシャーク以外のカードがあるなんてしあわせ。

 

マジ+シャーク(上振れ)

マジAnsシャークAssマジAefマジBss

シャークAef☆3マジBefシャークBss

シャークAシャークBでマイティssネズAss、

マイティマジAでマイコンssネズBサーチ、

ネズAefマジA蘇生ネズA除外ネズCss

マジAefシャークCss

マジAマイコンでリプロss、

ネズCefマジA蘇生、

シャークCef☆3マジAefウォリss、

ネズCシャークCでゴシップss、

リプロefマジA戦士、

マジAウォリでロンゴミss、

ゴシップefロンゴミ5素材、

リプロマジBでアナコンダssデスフェニss。

盤面:アナコンダ+ロンゴミ+デスフェニ+ネズ(手札)

 

ネズを手札に残せる。

返しに打点を追加してキルに行きやすくなる。

 

マジ+ss☆3×2(上振れ)

2体でマイティssマジAns、

マイティefネズAssマジAefマジBss

マイティマジAでマイコンssネズBサーチ、

マジBefシャークAss、

ネズAefマジA蘇生、

ネズA除外ネズCssマジAefマジCss

マイコンマジAでリプロssマジB戦士、

シャークAef☆3マジCefウォリss、

リプロマジCでダグザss、

ネズCでマジA蘇生デスサイズセット、

ネズCシャークAでゴシップss、

ウォリefマジA☆5マジAefシャークBss

マジBウォリでロンゴミss、

ゴシップefロンゴミ5素材、

マジAシャークBでアナコンダssデスフェニss

盤面:ダグザ+アナコンダ+ロンゴミ+デスフェニ+デスサイズ(セット)+ネズ(手札)

 

最強展開。

一応上ではダグザやアナコンダを出したけど相手によってはウーサを優先したり、デステニーやデスサイズの素引きによってリンクは必要なくなるので適宜対応する。

ゼンマイカードの枚数にもよるので。

 

☆3ゼンマイ+ss☆3(下振れ)

2体でマイティssネズAss☆3ゼンマイ蘇生、

マイティ☆3ゼンマイでマイコンss、

シャークAサーチ、

ネズA除外ネズBssシャークAss、

ネズBefマイティ蘇生、

ネズBマイティでダグザss、

シャークAef☆3デスサイズセット、

マイティシャークAでアナコンダss、

デスフェニss。

盤面:アナコンダ+ダグザ+デスフェニ+デスサイズ(セット)

 

猫展開。

デステニー素引き時はアナコンダに行かずにウーサに行くことで3ウーサ+デスフェニ+デスサイズ(セット)とできる。

 

ーーー

 

以上がよくある展開ルート。

基本展開以外はあくまでも一例で、誘発の貰い方、ゼンマイの残り枚数、素引き妨害カードによって適宜変化させる必要はある。

 

課題

スモールワールドの繋がりが弱い。

そもそも、スモールワールドを採用した当初の未来型において、スモールワールドはほぼ全てのモンスターをベイゴマ、猫、灰流、パンクラのような重要なカードに変えることができるとても心強いカードであったのだけど、メインの採用カードがガラッと変わった今、なんか思ったようにカードを持ってこられない。

特にヤバいのが、

①シャーク→ベイゴマ

②シャーク→灰流

③灰流→ベイゴマ

④G→ベイゴマ

⑤セアミン→灰流

ができる経由カードが存在しないこと。

(一応①②⑤はウォリアーが存在するもののロンゴミが出せなくなる。後攻では抜きたいし)

③④はサイコウィールダー、⑤はサイコトラッカーなどでヌルッと解決できそうなので置いておくとして、①②の経由が無いのはヤバい上全カードプールをもってしても良い経由が無い

一応候補は神樹、アクアドルフィン、儚無みずき、ウォリアー2枚目などだけど正直どれも採用するのはかなり渋め。

ベイゴマの代わりに猫を持ってこられるようにして、猫の先としてドッグを入れるなども…まあ…一応検討…かな…

現状ウォリアーを経由しつつロンゴミではない盤面に向かうことにしているので、ぜひこの点を解決してシャークスモワからもロンゴミに向かいたい。情報求む

 

ーーー

 

以上。

残りのEXやサイドについてはまだそこまでちゃんと考えてないので、今後洗練し次第改訂していく。

緊テレとスモワのポテンシャルが高いので、洗練次第ではほんとにわりと強くできそうで希望が持てる。

 

ぜひ、洗練し強くなったところでマイティに帰ってきてもらい全てのを構想をぶち壊してもらいたい。

 

マイティにぶち壊してもらえるなら本望。

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう54(マイクロ・コーダー改)

f:id:psychicnaminami:20210921002846j:image

やあ。

以前斬機いまこう23(マイクロ・コーダー) - 螺旋式うぇーぶでも語ったように、我々は定期的にマイクロ・コーダーの採用を検討し続けている。

きょうは、そんなマイクロ・コーダー定例会議をやりたい…わけではなく、今回の会議(参加人数:1人)の結果、コーダーにそれなりの効能を感じることができてきたため、それを報告することにする。

 

 

f:id:psychicnaminami:20210921003429j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.09.21】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×3
マイクロ・コーダー
レディ・デバッガー ×3
増殖するG ×3
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】10
サイバネット・クロスワイプ
サイバネット・マイニング
墓穴の指名者 ×2
抹殺の指名者 ×2
禁じられた一滴 ×3
転生炎獣の聖域

【 罠 】2
斬機超階乗
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×2
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
I:Pマスカレーナ
トランスコード・トーカー
トロイメア・ユニコーン
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
ドロール&ロックバード ×2
原始生命態ニビル
海亀壊獣ガメシエル ×3
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×3
レッド・リブート
王宮の勅命
魔封じの芳香

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

(サイドはテキトーなので無視してね)

 

導入

単刀直入に言うと、サイバネット・クロスワイプである。

f:id:psychicnaminami:20210921003638j:image

これまで、コーダーを考察するときはどうしてもかつて併用していたコンフリクトとの関係を拭えなかった。

その結果幾度とない不採用の結論をコーダーに与えてきたのだけど、コンフリクト以外のサーチ先にも目を向けることでコーダーの効能を受けられるということに、情けないことに今さら気づいた。

コーダー、クロスワイプ、マイニングの3枚を採用することで受けられる効能を考えていこう。

 

ジェネレータの代替

最初に考えるのは初動として使えるのかどうか。

コーダーを含む成立初手としてはコーダー+デバッガ、コーダー+パラレル、コーダー+バランサがあり、これまでのジェネと同じぐらいには初動になる。

また、デバッガ+セクレタリなどのジェネの墓地落としを活用していたものはコーダーでマイニングサーチ、マイニングでサブトラサーチとすることで同じように斬機3種を集めることが可能になっている。

つまり、斬機3種を集める目的のジェネはコーダーで完全に代替できるので、コーダーを入れるのであればジェネは必須ではなくなる。

 

デバッガ+サブトラでの効能

では、ジェネでなくコーダーにすると何が嬉しくなるのか。

それは当然、斬機3種を集めるためにジェネの代わりにコーダーを使うときではなく、斬機3種がある上でコーダーを使うときとなる。

デバッガ+サブトラなどという初手のとき、コーダーを使って展開することでウィキッド+ダラン+超階乗+クロスワイプとなり純粋に1妨害増える。

2枚組でコーダーの効能を得られるのはコーダー採用の最低限の条件だと思っていたので、これができるのは本当にありがたい。

もちろん、他のデバッガと斬機を含む初手の場合やコーダー+斬機×2などのときも通常展開+クロスワイプサーチをすることができるので、妨害を追加できる要求値はコンフリクトより低い。

 

コンフリクトの是非

しかしそれでも、コンフリクト可能な初手もある。

成立初手+コーダーや、デバッガ+サブトラ+アディオンなど。

そういうときはクロスワイプよりコンフリクトをサーチした方が強いので、そういうときのためにコンフリクトも採用した方がよいのか?という疑問は最もである。

現時点での結論はNoであって、クロスワイプのみ採用した方がよいと考えている。

なぜなら、理由の一つはやはり要求値の高さで、コンフリクトを活用できる場面は結構限られている。二つ目はコンフリクト素引きの問題で、クロスワイプは先攻なら特に条件無く妨害の追加になり後攻なら条件は厳しいながら捲りに活用できるものの、コンフリクトは先後ともにかなり使いにくい。

先攻のごく限られた初手のみでの上振れとは正直釣り合わないデメリットを持つと思う。

(聖域レベルのゴミ)

 

クロスワイプの優秀性

ではクロスワイプの素引きは本当にそこまで問題にならないのか。

先攻では展開できたならほぼ余りのモンスターが1体いるし、仮にいないとしても最悪ラプラやウィキッドを捧げることができる。

展開できないときも、ウィキッド+ベイル+クロスワイプまでできるなら十分な働きが期待できるし、サイバース1体+クロスワイプでもホントに最低限の妨害を得ることができる。

また、単純に1枚破壊という妨害の性能自体もかなり良く、頻繁に発生していた超階乗後ラプラの無効で防げないアーゼウスで捲られるというのをクロスワイプは解決する。

魔鍾洞は既に無くなったものの、ラプラの効果が間に合わない発動時の効果処理を持つフィールド魔法や永続魔法に対しても即座にクロスワイプで破壊して対応できるようになるので、妨害の範囲が広くなる。

後攻で捲りに活用するためにフィールドのモンスターを1体捧げるというのはいささか重いけども、一番のウマぶりとしてディヴォリリースで発動という技がある。

セキショウなどの妨害1体でディサイディヴォ経由のワンキルが可能な状況であれば、クロスワイプで1妨害踏んでからウィキッド起動してワンキルにいけるので、消費なく打ててることも合わせてめちゃめちゃ効率がよい。

それ以外では単にモンスター1体減るのが結構きついのと、コーダーでサーチしてから使うというのも条件やタイミングが微妙であったりとなかなかキビシさはある。

けど、先攻での効能を鑑みればそれでも十分な性能だと思う。

 

マスカレーナの再考

斬機3種のためにジェネの代わりにコーダーを使うとき、場に出る斬機をサーチできるようになったおかけで基本展開でマスカレが出やすくなる。

マスカレは、これまでさんざん書いてきたように採用に見合う性能が無いと判断してきたけども、出せる頻度が上がるのであれば少しは採用方向に傾く。

デバッガを含む展開では必ずクロスワイプorマスカレを付けることができるようになるので、妨害数を重視するのであれば採用もまあいいかなと。

 

終わりに

 

というわけで、クロスワイプを使うことにより飛躍的に上昇したコーダーの効能を考えてきた。

これを実際にやるのかはまだ分からないというレベルではあるけど、間違いなく今後採用を一考するレベルにはなったと思う。

クロスワイプはスキドレなどのヤバイ罠を簡単に対処できる意外とヤバイ対応力を持っているので、それを実感したら、または実感できなかったら、採用するかどうかを本格的に考えることになると思う。

 

きょうも、定例会議の参加ありがとう。

みなさんの参加のおかげで、斬機は日々進化していってます。

みんなで協力して、斬機を強力にしていこう!💪💪💪

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

天気いまこう2(サイド、エクストラ)

f:id:psychicnaminami:20210917015036j:image

やあ。

以前この天気の骨格となる部分:天気+WW+Dというのを考えたので、きょうはさらにサイドプランまで考えて天気を実戦でちゃんと使えるように洗練していこう。

メインデッキは以前と同じだよ。f:id:psychicnaminami:20210917015336j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0天気21.09.15】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】23
増殖するG ×3
曇天気スレット
極天気ランブラ
灰流うらら ×3
雪天気シエル ×3
雷天気ターメル ×3
D-HERO ダッシュガイ
D-HERO ディバインガイ
W-フリーズ・ベル
WW-アイス・ベル ×3
WW-グラス・ベル ×2
WW-スノウ・ベル

【 魔法 】11
フュージョン・デステニー ×3
金満で謙虚な壺 ×3
曇りの天気模様
雨の天気模様
雪の天気模様 ×3

【 罠 】6
神の通告 ×3
虹の天気模様 ×2
雷の天気模様

【 エクストラ 】15
No.84 ペイン・ゲイナー
天霆號アーゼウス
No.77 ザ・セブン・シンズ
幻影騎士団ブレイクソード
発条機雷ゼンマイン
ダウナード・マジシャン
宵星の機神ディンギル
ウィンドペガサス@イグニスター
クリアウィング・ファスト・ドラゴン
WW-ウィンター・ベル
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
フルール・ド・バロネス
WW-ダイヤモンド・ベル
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
D-HERO デストロイフェニックスガイ

【サイドデッキ】15
獣王アルファ ×2
ダイナレスラー・パンクラトプス
原始生命態ニビル ×2
怒炎壊獣ドゴラン
怪粉壊獣ガダーラ ×3
時花の賢者-フルール・ド・サージュ ×2
ハーピィの羽根帚
魔封じの芳香 ×3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

とはいっても、まずはメインデッキの話を少し。

きょうこの構築でレートに少しばかり潜ってみたんだけど、まぁ勝てない。残念ながら。

なのでこの構築はこれで完成!というわけにもいかず、サイドに限らずメインからの改善が求められる状況にある。

改善点として考えられるところは、初動だけど1枚初動じゃないターメル、比較的使い道に乏しい曇り、素引きやおかわりを割り切ってグラススノウあたりを減らすということ。

いわば事故要因だった部分を取り除いて、引いたときにちゃんと機能する別のギミック(エルドとか?)を取り入れるということが考えられる。

が、これらのカードがデッキにあれば…!という状況ももちろん存在するし、あまりやりすぎても天気が全部抜けるということになりかねないので…どうしようか。というところ。

 

ーーー

 

では、本題のサイドプランの話に入る。サイドはこう。

ニビル2

パンクラ

アルファ2

サージュ2

ガダーラ3、ドゴラン

羽根

魔封じ3

なんか見覚えのある並びだと思うけど、一旦スルーしてまず簡単なところから。

 

魔封じ3

これはとてもよい。

ターメルや雨と噛み合うもとより相性のよい魔封じは刺さる相手に先攻からのみ入れるのであれば文句無しで強い。

 

ニビル2

ささやかながら展開系相手に入れられる誘発として。天気が回ったあとでも打ちやすく相性はいいけど、環境的にニビルが刺さるデッキは勇者でケアが可能であったりとあんまり効かないような気もする。けどまぁお守りとして…

 

ガダーラ3、ドゴラン

デストロイに打ちやすく雷と相性もよい壊獣。

壊獣の種類はどれがベストなのかよく分かんないけど後のカードとの兼ね合いでレベル8守備力2200以下が良いような気がする。

 

パンクラ、アルファ2、サージュ2

壊獣と合わせてそのまんま壊獣カグヤの移植。

グッド系が多い今環境、後攻では手札誘発を打つよりモンスターを出して処理できた方がよい気がしたので採用。

アルファやサージュは天気が回った後でも全逃げで打点を下げられたり対象から外れたりして上手く使うことができる…と思う。

何よりこれらのカードを大量に入れることでランク8からのアーゼウスを出すこともできるので、天気と共存する後手カードとしては申し分ないと思う。

これがあるからレベル10のエルドは外れた(魔法罠も減らすし)。

 

後手カードとしてはライストや拮抗もあるけど、どうしても天気カードが置いてあるときに打てないのが気になるので今回はナシ。

やり取り前提になるこのデッキでは2ターン目以降でもきちんとカードを使いたい。

 

ーーー

 

というわけで少しばかり大胆なサイドデッキを作り上げたところで、次はチェンジの仕方を考えていく。とはいってもそれぞれのデッキに対してのチェンジを考えいくのは面倒なので大まかにだけ。

 

先攻:G3→魔封じ3

大体こんな感じ。他に抜く候補はグラス、フリーズとスノウの使わない方、曇りと雨の使わない方など。

 

後攻:WW7、通告3→パンクラ、アルファ2、サージュ2、壊獣4、羽根

みたいな感じ。要はWW全抜きのカグヤメンバー全入れ。

後攻でのWWは天気以外のギミックと共存しないことやゴミの多さが気になるので、あんまり期待できない。

先攻同様刺さらない天気模様などを抜いてもよい。特に罠の虹は1枚抜いてもいいかも。

 

ーーー

 

最後に、前回脳みそが終わってて書けなかったエクストラについて考えていこう。

サイドを組んだことで前回のものからは少し変わってるけど、ほぼ使わなかったものをランク8メンバーにしただけ。

 

デストロイ

ヴェルテアナコンダ

メインギミック。ヴェルテアナコンダは出しにくいけど出せるときはあるのでさすがに要る。

 

ウィンドペガサス

クリアファスト

ウィンターベル

レベル7チーム。経由する場合はウィンドペガサス、7で止まる場合はクリアファストなのでウィンターベルはあんまり要らないかも。でもかわいいし、ダイヤモンドベルも合わせてバーンで決まるときがあるかもしれないので一応。

 

バロネス

クリスタル

ダイヤモンドベル

WWの最終形態。どれも文句無しに強い。

 

ゼンマイン

ブレイクソード

ダウナード

アーゼウス

ランク3セット。自爆用は前は甲々(じゃじゃ)にしてたけど、デストロイみたいな破壊除去がある状況でもアーゼウスに向かえるゼンマインにした。甲々でも自爆のときは結局素材吐くし。

 

ディンギル

ペインゲイナー

セブンシンズ

ランク8からできる一番強いことはさすがにこれかなということで。

ラビオンヌメロンとかまでやるほど妨害踏みつつのランク8はできないと思う。

 

エクストラをこうしたことで、金謙の飛ばし方が若干変わった。

メイン戦、先攻チェンジ:ランク8メンバー×3、ウィンターベル、ブレイクソード、ヴェルテアナコンダ(もしくは使わなさそうなシンクロ)

後攻チェンジ:シンクロ×6

このようにWWとカグヤメンバーを同時に入れることがほぼ無いので、エクシーズ組とシンクロ組の使わない方を飛ばすというふうにして効率よく金謙することができる。

 

ーーー

 

以上、サイドプラン及びエクストラについてのお話。

 

こうやって理論を書くといかにもツヨそうな感じはするんだけど、現実は非情であってやっぱあんまり勝てない。

たぶん、レート戦だと勝率3割くらいじゃないかな…

 

作りたてのデッキな上使いなれてないカードがいっぱいあってミスも多いので、あとは使い手が進化することによってもう少しツヨいデッキにしてあげたいね。

 

それでは、おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

天気いまこう

f:id:psychicnaminami:20210915002249j:image

やあ。

きょうは、七色揃わざるカテゴリ天気を考えていこう。

どうやら、巷(ちまた)では1枚の魔法を発動するだけで毎ターンスタンバイに帰ってくるモンスターを出せるようで、なにやら天気みたいなカードが流行っている様子。

ちょいとばかし流行りに乗って、毎ターンスタンバイに帰ってきてみたくなった。

 


f:id:psychicnaminami:20210915002512j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0天気21.09.15】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:0枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】23
増殖するG ×3
曇天気スレット
極天気ランブラ
灰流うらら ×3
雪天気シエル ×3
雷天気ターメル ×3
D-HERO ダッシュガイ
D-HERO ディバインガイ
WW-フリーズ・ベル
WW-アイス・ベル ×3
WW-グラス・ベル ×2
WW-スノウ・ベル

【 魔法 】11
フュージョン・デステニー ×3
金満で謙虚な壺 ×3
曇りの天気模様
雨の天気模様
雪の天気模様 ×3

【 罠 】6
神の通告 ×3
虹の天気模様 ×2
雷の天気模様

【 エクストラ 】15
天霆號アーゼウス
幻影騎士団ブレイクソード
電脳堺龍-甲々
ダウナード・マジシャン
竜巻竜
虹光の宣告者
ウィンドペガサス@イグニスター
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
クリアウィング・ファスト・ドラゴン
WW-ウィンター・ベル
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
フルール・ド・バロネス
WW-ダイヤモンド・ベル
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
D-HERO デストロイフェニックスガイ

【サイドデッキ】0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

真面目な話をすると、これはいつもの天気パーツにWWDを入れた構築となっている。

まず構築方針の話からしていくと、このWWとDの枠には他にもいくつか入れられるカードが考えられる。それらを否定していく。

 

スキドレ、マクロ、魔封じなどの永続

天気と相性のよい一面もあるけど、悪い面もあったり、パワーが足りなかったり。

スキドレは、天気の固有効果の方を使うために共通効果を必ずチェーンしなくてはいけなくなったり、天気以外のモンスターをほぼ採用しない方がよくなる。

これはこれで良いのかもしれないけど、固有効果や他のアタッカーというのを大事にしたかったので今回は無し。

マクロも固有効果を潰してしまう。

魔封じは弱い。

 

神罠

天気+神罠と引けていれば相当強いけど、神罠だけのとき弱いので無し。

 

というカードたちを経て、WWとDに落ち着いた。

天気はもとより相手のカードに全然触ることができないので相手に触るカードで補完することが必須だと思うんだけど、WWもDもある程度継続的な妨害になってくれる上天気ギミックと喧嘩しないので非常によい。

 

戦い方としては、WWとDで相手とのカードの交換を図り(まともに通るならそれでよい)、天気への妨害を抑えながら天気を維持して取り返せないほどのアドバンテージを取る。

天気は往復ターンで色々効果が使えるので最初の効果を通せればアド差がつくのは意外と早く、うれしい。

 

このデッキの1枚初動はシエル、アイスベル、フュージョンの9枚であり、それにほぼ触れる金謙も合わせて12枚のツヨカードが入っている。

シエルと何かであれば同時に使うことが可能なので、これらを重ね引きしているときは打つ順番が重要となる。

 

アイスベル→シエル

天気を動かすとサーチ制限、時にはリクル制限がつくのでルール上アイスベルが先でないとダメ。

アイスベルに灰流をもらっても、天気を動かすことは可能。

 

シエル→フュージョン

天気で灰流を見てからフュージョンを打つ。

フュージョンの方が強いからとかではなく、天気は往復で何度も打てるためこちらに灰流を貰った方がよい。

 

フュージョン→アイスベル

フュージョンで灰流を見る。

アイスベルから入ると灰流を貰った際フュージョンも打てなくなり虚無になるのでどちらかを通したければフュージョンから打つ。

 

フュージョン→アイスベル→シエル

3種とも引いてるときはこう。

フュージョン→アイスベル、アイスベル→シエルがほぼ崩せない以上、こうするより他無い。

 

実際はこれに金謙を含めた順番を考えるけど、それは金謙で引きたいカードを考えるだけなので省略。

 

ここからは、実際に採用しているカードについて。

 

シエル×3、ターメル×3、スレット、ランブラ

天気模様と組み合わせて初動になるターメルは最大、ターメルスレットで使いたい天気模様にアクセスするためスレット、打点や羽根打たれたときのためランブラ。

ベンガーラはとにかく使いにくい、ラズラは使いたい場面が無いことから不採用。

 

アイス×3、グラス×2、スノウ、フリーズ

8と10の択両方取るためスノウとフリーズ。

グラスはアイスおかわりやグラス素引き時のアイスのことを考えて2枚。

 

雪×3、雨、曇り、虹×2、雷

初動になる虹は最大…にしたかったけど41枚目だったので2枚。雨は伏せるデッキにかなり強くなる。曇りは打点高い相手を越したり、耐性のあるモンスターで詰んだりしたときにダイレクト通せるように。雷はもちろん要る。

晴れは使いにくい、オーロラは使えないので無し(簡単に)。

 

通告×3

罠が必要だと思った。

後攻でも使えるこれ。

激流葬とかもありかも…

 

エクストラは割愛(アイカツ)。

 

ちょっとだけ使ってみたけど、思ってたよりイイ。これまでの天気の中でもなかなかイイ方。

とにかくWWとDで相手との初手のパワー差に負けにくくなっているので、これらサブギミックが妨害を吸い取ってくれるおかげでこれまでに無いくらい天気が通る。

天気は相手に触れないけど1回通してしまえば数の力でそれなりに盤面を制御していけるので、これが通るようになった今ちゃんと天気を使える。楽しい。天気で勝てる。

 

天気の部分召喚とかでええやろと思う人もいるかもしれないけど、そうだよ。無理に差別化の理由とかは探してないです(できていないとも思っていないけど)。

 

というわけでかなりへにょへにょな文章だった気もするけど、以上。

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう53(色々な型の斬機)

f:id:psychicnaminami:20210905011453j:image

やあ。

斬機デッキというのは、おそらくこれまで2つの型が存在していた。(このブログでは)

それは普通の型マグマ型で、それぞれ一応ちょっとした方針の違いがあるわけである。

きょうは、この2つの型及び、さらに新しく考案した2つの型、合わせて4つの型の斬機についてそれぞれの特徴を考えていこう。

新しい2つについては未だまともに運用すらしていないし、構築の細かい部分も今それなりに考えて作ったもので荒削り状態であるので、それらの洗練も兼ねる。

それぞれ個別に記事を書いても良かったところだけど、2つ分書いた後にさらに全ての型についてまとめる記事を書くのは面倒な上冗長なので、このような形とする。

 

 

普通の型

f:id:psychicnaminami:20210905012148j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.08.29】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】30
エフェクト・ヴェーラー
コード・ジェネレーター
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×3
レディ・デバッガー ×3
増殖するG ×3
屋敷わらし
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】6
墓穴の指名者 ×2
抹殺の指名者 ×3
転生炎獣の聖域

【 罠 】4
斬機超階乗
無限泡影 ×3

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-デスサイズ
アーティファクト-ロンギヌス
原始生命態ニビル
海亀壊獣ガメシエル
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×3
アーティファクトの神智 ×3
レッド・リブート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

9/1のネクストプレイ杯にて使用して4位となった、ごく普通の今まで通りの構築。

環境に合わせた変化として、サイバース枠(斬機以外のサイバース族のことをこう呼ぶことにする)としてバランサ、デバッガの2種のみを使い、パラレルを辞めている。

また、一滴などをよく入れていた部分については一滴を辞め、泡、ヴェーラー、わらしなどの誘発を入れている。

この構築の特徴というものはあえてここでは書かないこととして、他の構築の特徴をこの構築と比べて考察していくこととする。

 

マグマ型

f:id:psychicnaminami:20210905013018j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機マグマ21.09.05】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:0枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
バランサーロード ×3
パラレルエクシード ×3
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー

【 魔法 】10
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
抹殺の指名者 ×3
斬機方程式
転生炎獣の聖域

【 罠 】2
斬機超階乗
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×2
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
炎斬機マグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

以前よりちょいちょい考えていた、マグマ型。

ワンキルできないときの着地地点としてマグマを採用することにより盤面の除去+方程式によるリソースを確保し、普通の型と比べて継戦能力が大きくなった型。

採用カードの特徴として、マグマを直接出せるγ(むしろこれを入れるからマグマを入れているという説もある)、γで灰流を消しやすくなったのでマイニング・強貪、強貪で飛んでデバッガが使いにくいのでバランサ・パラレルなどを採用していくことが多いけど、正直全然この限りではない

マグマ型とか関係無く、マグマ自体はEXカードとして15~16番目の優先度を持つと考えているので、普通の型との境界は曖昧で、この辺を環境に合わせて上手く採用したりしなかったりするのが勝利のために必要なのだと思う。

 

後攻型

f:id:psychicnaminami:20210905014052j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機後攻20.09.05】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:0枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】22
ダイナレスラー・パンクラトプス
増殖するG ×3
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×2
斬機ナブラ ×3
斬機マルチプライヤー ×2
海亀壊獣ガメシエル ×2

【 魔法 】16
サイバネット・マイニング ×3
テラ・フォーミング
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×3
古の森
強欲で貪欲な壺 ×3
盆回し
禁じられた一滴 ×2
魔鍾洞

【 罠 】2
レッド・リブート
斬機超階乗

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×2
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ ×2
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
セキュリティ・ドラゴン
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

少し前に可能性を見出だして考えた型。

斬機を名乗るファンデッキは後攻型であることが多いけど、この構築は勝利のための後攻型であり、ファイナルを過信しない

もちろん基本的に狙うのはファイナルによるワンキルであり、それを成立するためのカードとしていつもの斬機カード、特にナブラを複数枚積み、ナブラ→マルチのファイナルルートを取りやすくなっている。

ナブラによるファイナルはいつだって灰流の危険を伴うわけだけど、いつものダイア入りで灰流ケアする方法以外にこの構築ではナブラを灰流から守る方法が存在する。

魔鍾洞を貼ってナブラを起動すると盤面のモンスターはナブラ1体だけであり、モンスターを2体以上出している鉄獣戦線相剣に対して灰流の発動を許さない。

そんな、魔鍾洞下によるナブラマルチファイナルがこの構築の最も効率的な勝利の仕方である(と思う)。

ファイナルワンキルは例に漏れず攻撃表示モンスターを要求するので、守備表示のみの相手に対して大変弱くなるところだけど、そこは壊獣をメインから入れて解決したり(壊獣は打点が2200でありワンキルラインに届いていないけど、サブトラや、エルドランドやヴェルテアナコンダのライフコストを利用してラインに入れる)、古の森で攻撃表示モンスターを作りワンキル可能状況を増やす。f:id:psychicnaminami:20210905015904j:image

(古の森は以前より注目していて、何度もサイドに入れようとしては入れていなかった、幻のカードであった)

魔鍾洞、古の森がフィールド魔法なので、テラフォ、盆回しを強く使うことができるのがこの型の大きな特徴。

従来通りアクセスにも向かうことができるので、壊獣や森が使えなくても何もできなくなるということはない。

なお、この構築では一応超階乗とダイア2枚を入れているので、先攻を渡されても先攻展開をすることができる。

 

60型

f:id:psychicnaminami:20210905020122j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機6020.09.05】
メインデッキ:60枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:0枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】34
コード・ジェネレーター
ドットスケーパー
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×3
パラレルエクシード ×3
レディ・デバッガー ×3
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー

【 魔法 】19
サイバネット・マイニング ×3
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
抹殺の指名者 ×3
斬機方程式
禁じられた一滴 ×3
転生炎獣の聖域
隣の芝刈り ×2

【 罠 】7
つり天井 ×3
斬機超階乗 ×3
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×2
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
炎斬機マグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

マグマ型のデッキ枚数を60枚にして、芝刈りを入れた型。

60にすることのメリットは、まず強貪を強く使うことができるようになること。

強貪は40枚の型では飛びに怯えて先攻1ターンめに即打ちすることはほぼできなかったけど、この型ではもちろんできる。

打てれば強いことは間違いない強貪なので、これは明確なメリットといえる。

次は、芝刈りを採用できる。

芝刈りを打つと、シグマ、スケーパーなどを落として展開を伸ばすこともできるし、何より斬機が3種類貯まる。(必ずではないが)

これにより実質的に先攻展開の要求値が下がり、誘発によって先攻展開を止められ妨害が無くなるといったことを防げるようになる。

採用カードとしては、ありったけのサイバース枠と超階乗を3枚

先攻展開をせずとも斬機を3種類貯めることができるので、超階乗の素引きも強く使いやすい。(強貪でも飛ばない)

それと、60にすることのデメリットとしてGケア札を引きにくくなっているので、それの補完として罠を採用している。

超階乗もその一環であり、つり天井は正解なのかよく分からない。さっき作った構築なので。

エクストラは正直ダラン3枚目やラプラ2枚目を入れたいところなんだけど、抜くカードが分からない。

ここら辺を積むことができれば、複数の超階乗やマグマ方程式によって40枚のマグマ型よりもさらに継戦能力の大きい型となることが期待できる。

 

ーーー

 

以上。

ほんとかぁ…?みたいな型もあったかもしれないけど、斬機の新しい型を考えて世に出している人が見当たらない以上自分で考え出していくしかないので、ひとまずわたくしが原案を置いておく。

もし、これはいける!!!と思って興味を持ったくれた人がいたなら、ぜひ構築を洗練してもらいたい…

 

今回考えた型は特に混ぜ物というわけではないので、混ぜ物という方向性で新しく考えてみるのもいいと思う。

 

これからも新しい斬機を考えていこうね…

 

それでは、おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう52(励輝士ヴェルズビュート)

f:id:psychicnaminami:20210825003312j:image

やあ。

最近、ADSで戦っているとエルドリッチとものすごく当たる。

相剣に有利なエルドリッチが流行っているわけだけど、そのエルドリッチが使う御前試合というカードがヤバイ。

スキドレと同じく永続的にこちらを妨害するカードだけど、スキドレは3体分からディサイディヴォ→アクセスとすることでまだメインギミック内の突破方法がある一方、御前試合は本当に何もできなくなる。

先後関係無く貼られるだけでゲームエンドなカードを3枚も積まれているままでは流石に斬機もこの先生きのこれないということで、メインギミック内での御前試合突破方法を考えてゆきたい。

f:id:psychicnaminami:20210825003855j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.08.25】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
エフェクト・ヴェーラー
コード・ジェネレーター
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×3
レディ・デバッガー ×3
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】10
ハーピィの羽根帚
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
抹殺の指名者 ×3
禁じられた一滴 ×2
転生炎獣の聖域

【 罠 】2
斬機超階乗
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
ドロール&ロックバード ×2
原始生命態ニビル ×2
コズミック・サイクロン ×2
ライトニング・ストーム ×2
禁じられた一滴
禁じられた聖杯
レッド・リブート
次元障壁
励輝士 ヴェルズビュート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

励輝士 ヴェルズビュート

f:id:psychicnaminami:20210825004252j:image

これで御前試合を突破する。

 

このデッキで、御前下において場に並べやすい属性はである。

(バランサ、デバッガ、シグマ、ダイアが光)

特にバランサ、ダイアはモンスターを展開する効果を持っているので、これらのカードでデバッガ、シグマを出してヴェルズビュートを出すことで、御前を解決できる。

(シグマの効果を使うとビュートは出せない)

ビュートの後はダメージこそ与えられないものの展開の制限は付かないので、ここからアディオンやサブトラを使いウィキッドやダランなどを起動してリソースを溜め、次のターンの決着を狙うとよい。

ので、エルド相手で御前が考えられるときはなるべくこれらのカードを温存したり、墓地に光を1体置いといてダイアで拾えるようにしたり、ビュート後すみやかに勝利できるようEXを温存しておくとよい。

 

ビュートの効果はフリーチェーンなので、エルド側でこれを防ぐ方法はカウンター罠かスキドレのみであり、エルドカードにはほぼ止められないのが魅力的。

 

御前が流行っているのは現環境に限る話だけど、同時に現環境では泡なども流行っており、現在の斬機はデバッガ、バランサを多めに積んでいる。

偶然噛み合っているので、ますます今期のサイバースはこれらを採用するのがよいと考えることができる。

 

ーーー

 

実際に試すべく3時間くらいレートに潜ってみたところ、前日まで当たりまくっていたエルドとは1回も当たらなかった

それがついさっきの話であるので、ビュートが実際に御前突破に役立つのかは未だ試すことができていない。

できていないけど、御前に困っていた斬機にとってビュートは大変革命的であると感じるし、きっと役に立つに違いない。

 

これからも、どうしても困るときにはサイバース以外のカードにも目を向けて、採用を一考していこう。

 

ビュートが役立つ、その日まで──────

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter