螺旋式うぇーぶ

螺旋式うぇーぶ

バラノラが長文を書きたいときのためのブログ

斬機いまこう49(ファイナル+超階乗)

f:id:psychicnaminami:20210713003737j:image

やあ。

斬機デッキ生粋のツヨカードとは、なんですか。3種類答えなさい。

そう、それは、ダイア超階乗ファイナルだよね。異論は認める。

その中でも、超階乗といえばもっぱら先攻で持ってきて大きな妨害をするためのカードであり、ファイナルといえばもっぱら後攻で出してワンキルするためのカードである。

そんな、超階乗⇒先攻、ファイナル⇒後攻というイメージがあるのは当然として、マレにそれを覆して後攻で超階乗先攻でファイナルを使わなければいけないときがある。

きょうはそんな、先後の壁を乗り越えた超階乗及びファイナルの使い方について考えていこう。

f:id:psychicnaminami:20210713004440j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機マグマ21.07.10】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
アーティファクト-ロンギヌス
バランサーロード ×2
パラレルエクシード ×2
原始生命態ニビル
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー

【 魔法 】11
コズミック・サイクロン
サイバネット・マイニング
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×2
抹殺の指名者 ×2
斬機方程式
転生炎獣の聖域

【 罠 】1
斬機超階乗

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
炎斬機マグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
原始生命態ニビル
応戦するG
コズミック・サイクロン
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×2
禁じられた聖杯 ×3
レッド・リブート
王宮の勅命
魔封じの芳香
セキュリティ・ドラゴン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

とは言ったけども、一般的にこういうときにはこうするよね、という話を考えたいわけではない。

それでも軽く言っておくと、後攻の超階乗とは、展開はできるもののダメージカット効果などでワンキルできないことが確定してる時に次のターンに備えるためにするものであり、先攻のファイナルとは、ファイナルを絶対の絶対に突破できない相手に対して出して詰ませる(諸説あり)ためにやるものである。一般論おわり。

 

で、問題はここからで、そういう、後攻の超階乗や先攻のファイナルを実行するとき、果たしてそれだけをやって有効に働くだろうか。

後攻で超階乗を目指すと自ずと盤面はウィキッド+ダランで、打点が低く相手の今の盤面を返すには力が足りない。

先攻でファイナルを目指すと今まで通りのウィキッド+超階乗ができなくなり、妨害やリソースが足りなくなる。

後攻の超階乗や先攻のファイナルには、当然こういったそれぞれの専門外故の不都合がある。

その不都合を解消するためにはどうすればよいか。早い話が、超階乗とファイナルを両方用意できれば良いのである。

 

シグマ+サブトラ

シグマssサブトラssディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssナブラサーチns、

ウィキッドベイルでメイジssサブトラ蘇生、

ナブラサブトラでダランss超階乗サーチ、

メイジリリースナブラ蘇生、

ダランリリースマルチss、

ナブラマルチでファイナルss。

 

これはシグマサブトラの展開例だけど、いつものサイバース2体(斬機含む)+ナブラを吐く方法からファイナル+3種超階乗を用意することができる。

これなら、後攻であればファイナル6000(モンスターに2回攻撃)でそれなりに盤面を処理しつつ妨害を構えられ、先攻であればファイナルという詰みモンスターを立てながら妨害(ラプラ)orリソース(ダラン)を構えることかできる。

ダイア入りにならないのがネックだけど、元々ダイアを含む初手ならもちろんダイア入りにできる上、必ずマルチを含むので超階乗を打つとファイナルを6000にできて打点3000超えモンスターたちに簡単に突破されなくなる。

いつもの成立可能初手からは必ずできる展開なので、これができるということは覚えておいた方がよいね。

 

一方、全く同じ要領でファイナルの代わりにマグマを出すこともできる。

先攻ではファイナルに劣るだけだけど、後攻での盤面処理ということを考えると魔法罠の破壊も可能なマグマ(攻撃力5000)の方がよりアドバンテージ差をつけることができる。

盤面に残ったマグマも、相手ターンで再び5000になる上方程式のサーチを残しているので、ファイナルほどではないにしろ十分な圧力となる。

 

ーーー

 

きょう、公認大会で@イグニスターと当たった。

1本目相手の先攻で、誘発を当てアライバル4000+ドヨン+ボーン+アイランドという盤面でターンが渡ってきた。

こちらの手札の展開札はバランサ+シグマで、アライバルを前にワンキルができない状況であったのでこの超階乗+ファイナル展開を行った。

ファイナルでアライバルとドヨンを処理、返しの展開に超階乗を当てそのまま勝利した。

ワンキルできずにターン渡したら死ぬ+超階乗だけ構えてもアライバルが処理できないといった板挟みの状況を上手く解決してくれたこの超階乗+ファイナル展開には、感謝してもしきれない。

 

・・・と実際は互いの他の手札の噛み合いも影響して勝利できたものの、もっと確実に勝利する手段もあった。

それは、同じ展開でファイナルではなくマグマを出しアライバル+ドヨンを処理しつつボーン+アイランドを処理するという方法。

ボーンは戦闘前に打たせられるので蘇生したモンスターを破壊して盤面を更地にすることができた。

また、アイランド破壊によりセット効果使用後にラプラで除去することができるので、相手の展開の選択肢を大幅に狭めることができた。

 

たったひとつの事例を見てカードの採用を決めることは全く良くない行いではあるけども、やはりマグマが必要になる場面は存在し、まさに当初の想定通り「ワンキルできない時」だったので、せっかくマグマ型だったにも関わらずマグマを出すことを思いつけなかったことは悔やむに悔やみきれない…

 

ーーー

 

というわけで、展開のバリエーションの話でありつつ、マグマ型の精神を思い出させてくれるお話でした。

最近CSに出るのを少しさぼっていたので、今週末のCSからまた頑張っていこうと思うよ。

 

それでは、オシマイ!

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう48(初動まとめ・ガチガチ版)

f:id:psychicnaminami:20210707002353j:image

やあ。

きょうは、以前にもやったけど成立可能な初手をまとめるやつをやる。

やっぱり、もう時間が経てばこうなっちゃうんだけど、どうしても以前のでは網羅しきれていないものが見つかる。ごめん。

ので、今回死ぬ気で全ての初動パターンを上げて、今度こそ「初動まとめ」として未来永劫使える記事を書いていこう。

ドロー確率計算機|WingTSK's Project

↑WingTSKさんのツールを用いた確率計算。

枚数を自由に入れ換えて確率を計算してみよう。

(ページが重くて開くのに時間がかかる可能性あり。根気強く待とう)

(ディサイチャレンジ、強貪は考慮していない。実際はディサイチャレンジにより大幅に確率が上がる)

f:id:psychicnaminami:20210707002611j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.07.07】
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】29
アーティファクト-ロンギヌス
コード・ジェネレーター
バックアップ・セクレタリー
バランサーロード ×2
パラレルエクシード ×2
レディ・デバッガー ×2
原始生命態ニビル
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】9
コズミック・サイクロン
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×2
抹殺の指名者 ×2
転生炎獣の聖域

【 罠 】2
斬機帰納法
斬機超階乗

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス
原始生命態ニビル
応戦するG
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×2
禁じられた一滴 ×2
レッド・リブート
王宮の勅命
魔封じの芳香
セキュリティ・ドラゴン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

この記事で扱う「成立」の条件は、「ウィキッド+3素材超階乗」とする。

3素材にダイアを含まない場合も成立とみなすことにするけど、そのパターンはかなり少ないのでそのときにだけ明記するようにする。

また、たまに手札にダイアが残せるルートもある。

それでは、網羅していこう。

(シグマ、アディオン、サブトラ、デバッガ、バランサ、パラレル、ダイア、マルチ、ナブラ、ジェネ、セクレタリ、マイニング、方程式、超階乗の順に辞書式に並べてある)

 

2枚組

シグマ+アディオン
シグマ+サブトラ
シグマ+デバッガ
シグマ+バランサ
シグマ+パラレル
シグマ+マイニング
アディオン+デバッガ
アディオン+バランサ
アディオン+パラレル
アディオン+マイニング
サブトラ+デバッガ
サブトラ+バランサ
サブトラ+パラレル
サブトラ+マイニング
デバッガ+バランサ
デバッガ+パラレル
デバッガ+ジェネ
デバッガ+セクレタ
デバッガ+マイニング
バランサ+ダイア
バランサ+マルチ
バランサ+ジェネ…(1)
バランサ+マイニング
パラレル+ダイア
パラレル+マルチ
パラレル+ナブラ…(2)
パラレル+ジェネ…(3)
パラレル+マイニング
ダイア+マイニング
マルチ+マイニング
ジェネ+マイニング
クレタリ+マイニング

 

普通の、「ウィキッドでナブラサーチから召喚権orインヴァor墓地バランサでナブラ吐いてダイアss…」以外のルートを、書いていこう。

 

(1)バランサ+ジェネ

バランサnsジェネns、

2体でディサイディヴォトークン×2ss、

トークン×2でメイジssジェネ蘇生、

メイジジェネでインヴァssサブトラサーチ、

2体でウィキッドssサブトラssベイルss、

ナブラサーチssベイルリリースダイアss、

2体でダランss超階乗サーチ。

 

(2)パラレル+ナブラ

 

ナブラを含む唯一の2枚組。

 

ナブラnsダイアss1体でディサイss、

パラレル×2ssディヴォssトークン×2ss、

トークン×2でメイジssダイア蘇生、

ディサイメイジでウィキッドss、

パラレルダイアでダランss、

シグマ超階乗サーチ、

ダランリリースシグマss1体でリングリss。

 

(3)パラレル+ジェネ

ジェネnsディサイssパラレル×2ss、

ディヴォssトークン×2ss、

ディサイトークンでウィキッドss、

トークンでベイルssナブラサーチ、

パラレルベイルでメイジssジェネ蘇生、

ssジェネでインヴァssナブラssシグマ墓地、

インヴァリリースダイアss、

2体でダランss超階乗サーチ。

 

ジェネでサーチもできるので、サブトラサーチからダランでssリングリssにすればシグマが落ちない代わりに灰流に対して少し耐性ができる。

 

3枚組

シグマ+シグマ+ナブラ…(4)
シグマ+シグマ+ジェネ
シグマ+シグマ+セクレタ
シグマ+シグマ+方程式
シグマ+ダイア+ナブラ…(4)
シグマ+ダイア+ジェネ
シグマ+ダイア+セクレタ
シグマ+ダイア+方程式
シグマ+ダイア+超階乗…(5)
シグマ+マルチ+ナブラ…(4)
シグマ+マルチ+ジェネ
シグマ+マルチ+セクレタ
シグマ+マルチ+方程式
シグマ+マルチ+超階乗…(5)
シグマ+ナブラ+ジェネ…(6)
シグマ+ナブラ+セクレタリ…(7)
シグマ+ナブラ+方程式…(7)
シグマ+ナブラ+超階乗…(7)
シグマ+ジェネ+セクレタ
シグマ+ジェネ+方程式
シグマ+セクレタリ+方程式
シグマ+セクレタリ+超階乗…(8)
アディオン+アディオン+サブトラ
アディオン+アディオン+ナブラ…(4)
アディオン+アディオン+ジェネ
アディオン+アディオン+セクレタ
アディオン+アディオン+方程式
アディオン+サブトラ+サブトラ
アディオン+サブトラ+ダイア…(7)
アディオン+サブトラ+マルチ…(7)
アディオン+サブトラ+ナブラ…(7)
アディオン+サブトラ+ジェネ
アディオン+サブトラ+セクレタ
アディオン+サブトラ+方程式
アディオン+ダイア+マルチ…(4)
アディオン+ダイア+ナブラ…(4)
アディオン+ダイア+ジェネ
アディオン+ダイア+セクレタ
アディオン+ダイア+方程式
アディオン+ダイア+超階乗…(5)
アディオン+マルチ+ナブラ…(4)
アディオン+マルチ+ジェネ
アディオン+マルチ+セクレタ
アディオン+マルチ+方程式
アディオン+マルチ+超階乗…(5)
アディオン+ナブラ+ジェネ…(6)
アディオン+ナブラ+セクレタリ…(7)
アディオン+ナブラ+方程式…(7)
アディオン+ナブラ+超階乗…(5)
アディオン+ジェネ+セクレタ
アディオン+ジェネ+方程式
アディオン+セクレタリ+方程式
サブトラ+サブトラ+ナブラ…(4)
サブトラ+サブトラ+ジェネ
サブトラ+サブトラ+セクレタ
サブトラ+サブトラ+方程式
サブトラ+ダイア+マルチ…(4)
サブトラ+ダイア+ナブラ…(4)
サブトラ+ダイア+ジェネ
サブトラ+ダイア+セクレタ
サブトラ+ダイア+方程式
サブトラ+ダイア+超階乗…(5)
サブトラ+マルチ+ナブラ…(4)
サブトラ+マルチ+ジェネ
サブトラ+マルチ+セクレタ
サブトラ+マルチ+方程式
サブトラ+マルチ+超階乗…(5)
サブトラ+ナブラ+ジェネ…(6)
サブトラ+ナブラ+セクレタリ…(7)
サブトラ+ナブラ+方程式…(7)
サブトラ+ナブラ+超階乗…(5)
サブトラ+ジェネ+セクレタ
サブトラ+ジェネ+方程式
サブトラ+セクレタリ+方程式
デバッガ+ダイア+ナブラ…(9)
デバッガ+ダイア+方程式…(10)
デバッガ+ダイア+超階乗…(11)
デバッガ+マルチ+ナブラ…(9)
デバッガ+マルチ+方程式…(10)
デバッガ+マルチ+超階乗…(11)
デバッガ+ナブラ+方程式…(10)
デバッガ+ナブラ+超階乗…(11)
バランサ+バランサ+ナブラ…(12)
バランサ+バランサ+超階乗…(8)
バランサ+パラレル+超階乗…(8)
バランサ+ナブラ+ジェネ…(6)
バランサ+ナブラ+セクレタリ…(12)
バランサ+ナブラ+方程式…(13)
バランサ+ナブラ+超階乗…(5)
バランサ+セクレタリ+超階乗…(8)
パラレル+セクレタリ+超階乗…(8)
ダイア+ナブラ+セクレタリ…(4)
ダイア+ナブラ+方程式…(4)
ダイア+ジェネ+セクレタ
ダイア+ジェネ+方程式
ダイア+セクレタリ+方程式
マルチ+ナブラ+セクレタリ…(4)
マルチ+ナブラ+方程式…(4)
マルチ+ジェネ+セクレタ
マルチ+ジェネ+方程式
マルチ+セクレタリ+方程式
ナブラ+ジェネ+セクレタリ…(6)
ナブラ+ジェネ+方程式…(14)
ナブラ+セクレタリ+方程式…(13)
ナブラ+セクレタリ+超階乗…(5)
ナブラ+マイニング+方程式…(7)
ナブラ+マイニング+超階乗…(5)
ナブラ+方程式+超階乗…(15)

 

(4)シグマ+シグマ+ナブラ

シグマ+ダイア+ナブラ

シグマ+マルチ+ナブラ

アディオン+アディオン+ナブラ

アディオン+ダイア+マルチ

アディオン+ダイア+ナブラ

アディオン+マルチ+ナブラ

サブトラ+サブトラ+ナブラ

サブトラ+ダイア+マルチ

サブトラ+ダイア+ナブラ

サブトラ+マルチ+ナブラ

ダイア+ナブラ+セクレタ

ダイア+ナブラ+方程式

マルチ+ナブラ+セクレタ

マルチ+ナブラ+方程式

 

斬機3種類が素で揃うのでウィキッドが起動できなくてもよいパターン。

 

シグマssナブラnsリリースダイアss、

2体でディサイディヴォssトークン×2ss、

トークン×2でインヴァssシグマss、

ディサイインヴァでメイジssダイア蘇生、

シグマダイアでダランss超階乗サーチ、

メイジダランでウィキッドss。

 

(5)シグマ+ダイア+超階乗

シグマ+マルチ+超階乗※

シグマ+ナブラ+超階乗

アディオン+ダイア+超階乗

アディオン+マルチ+超階乗※

アディオン+ナブラ+超階乗

サブトラ+ダイア+超階乗

サブトラ+マルチ+超階乗※

サブトラ+ナブラ+超階乗

バランサ+ナブラ+超階乗

ナブラ+セクレタリ+超階乗

ナブラ+マイニング+超階乗

(※ダイア素材にならない)

 

斬機2種でいきなりダランを出して3種目をサーチするパターン。

 

シグマssダイアnsダランssサブトラサーチ、

ダイア蘇生サブトラssディサイディヴォss、

トークン×2ssウィキッドベイルss、

ダイアサーチ。

 

(6)シグマ+ナブラ+ジェネ

アディオン+ナブラ+ジェネ

サブトラ+ナブラ+ジェネ

バランサ+ナブラ+ジェネ

ナブラ+ジェネ+セクレタ

 

ナブラとジェネがあるときのパターン。

 

シグマssジェネnsディサイディヴォss、

トークン×2ssメイジssジェネ蘇生、

インヴァssナブラssサブトラサーチ、

ダイアssディサイナブラでウィキッドss、

サブトラssダランss超階乗ダイアサーチ。

 

(7)シグマ+ナブラ+セクレタ

シグマ+ナブラ+方程式

アディオン+サブトラ+ダイア

アディオン+サブトラ+マルチ

アディオン+サブトラ+ナブラ

アディオン+ナブラ+セクレタ

アディオン+ナブラ+方程式

サブトラ+ナブラ+セクレタ

サブトラ+ナブラ+方程式

ナブラ+マイニング+方程式

 

斬機3種のうち2種をssできる、(4)より強いパターン。

 

シグマssセクレタリssナブラns、

クレタリリリースダイアss、

シグマダイアでダランss超階乗サーチ、

ダイア蘇生2体でディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssダイアサーチ。

 

アディオン+サブトラ+マルチはダイア素材にする(いつものルート)かダイアサーチするか選べる。

 

(8)シグマ+セクレタリ+超階乗

バランサ+バランサ+超階乗

バランサ+パラレル+超階乗

バランサ+セクレタリ+超階乗

パラレル+セクレタリ+超階乗

 

2素材まで成立可能+超階乗素引きパターン。

 

シグマssセクレタリssディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssナブラサーチss、

ダイアssダランssサブトラサーチss、

インヴァss。

 

(9)デバッガ+ダイア+ナブラ

デバッガ+マルチ+ナブラ

 

召喚権3枚からのパターン。

 

デバッガnsセクレタリサーチss、

ディサイディヴォssインヴァssナブラss、

シグマss2体でダランss超階乗サーチ、

ダイアss2体でウィキッドss。

 

(10)デバッガ+ダイア+方程式

デバッガ+マルチ+方程式

デバッガ+ナブラ+方程式

 

召喚権2枚+方程式パターン。

 

デバッガnsセクレタリサーチss、

ディサイディヴォssインヴァssダイアss、

インヴァダイアでメイジssデバッガ蘇生、

方程式でダイア蘇生ウィキッドssダランss、

超階乗ナブラサーチssシグマssリングリss。

 

(11)デバッガ+ダイア+超階乗

デバッガ+マルチ+超階乗

デバッガ+ナブラ+超階乗

 

召喚権2枚+超階乗パターン。

 

デバッガnsセクレタリサーチss、

ディサイディヴォssインヴァssダイアss、

メイジssデバッガ蘇生2体でダランss、

ナブラサーチssシグマss、

2体でウィキッドss。

 

(12)バランサ+バランサ+ナブラ

バランサ+ナブラ+セクレタ

 

2素材まで成立可能+ナブラ素引きパターン。

超階乗の代わりに3種目をサーチする。

 

バランサnsバランサnsディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssシグマサーチ、

ナブラssダイアssダランss超階乗サーチ、

シグマssリングリss。

 

(13)バランサ+ナブラ+方程式

ナブラ+セクレタリ+方程式

 

方程式でナブラを蘇生するパターン。

 

バランサnsナブラnsディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssダイアサーチss、

方程式でナブラ蘇生シグマssダランss、

超階乗サーチインヴァss。

 

(14)ナブラ+ジェネ+方程式

 

シグマの効果を使うパターン。

 

ナブラnsシグマssダランss超階乗サーチ、

ナブラ蘇生シグマ蘇生ディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssダイアサーチ、

インヴァssダイアssシグマ墓地、

リングリss。

 

(15)ナブラ+方程式+超階乗

 

魔法罠2枚パターン。

 

ナブラnsダイアss方程式でナブラ蘇生、

ダランssサブトラサーチss、

ダイア蘇生ディサイディヴォss、

ウィキッドベイルssダイアサーチ。

 

4枚組

シグマ+シグマ+シグマ+超階乗…(16)
シグマ+シグマ+ダイア+マルチ…(17)
アディオン+アディオン+アディオン+超階乗…(16)
サブトラ+サブトラ+サブトラ+超階乗…(16)
ダイア+ダイア+セクレタリ+超階乗…(16)
ダイア+ダイア+方程式+超階乗…(16)
ダイア+マルチ+セクレタリ+超階乗…(18)
ダイア+マルチ+方程式+超階乗…(18)

 

(16)シグマ+シグマ+シグマ+超階乗

アディオン+アディオン+アディオン+超階乗

サブトラ+サブトラ+サブトラ+超階乗

ダイア+ダイア+セクレタリ+超階乗

ダイア+ダイア+方程式+超階乗

 

同名3枚+超階乗パターン。

 

シグマssシグマnsディサイディヴォss、

インヴァssシグマssメイジssシグマ蘇生、

ダランssナブラサーチssダイアss、

ウィキッドss。

 

(17)シグマ+シグマ+ダイア+マルチ

 

(4)のように斬機3種揃ってるパターン。

 

シグマssシグマnsディサイディヴォss、

インヴァssダイアssメイジssシグマ蘇生、

ダランss超階乗サーチマルチss、

ウィキッドss。

 

(18)ダイア+マルチ+セクレタリ+超階乗

ダイア+マルチ+方程式+超階乗

 

(16)で斬機2種を持ってるのでダイアを残せるパターン。

 

ダイアnsセクレタリssディサイディヴォss、

インヴァssマルチssメイジssダイア蘇生、

ダランssサブトラサーチウィキッドss、

サブトラssベイルssダイアサーチ。

 

 

ーーー

 

という感じで今把握できている分は全て書いた。

た~ぶんもう無いけど、万が一漏れがあったら至急教えて欲しいデス…

 

正直めんどくさいのはほとんどジェネとセクレタリが絡むものなので、最近やりがちなデバッガ抜き構築ならば使わないルートがほとんどだと思うけど、これがあると思うとなかなかデバッガ入りも捨てたもんではないと思えるような…気がする。

 

というわけで…

 

オシマイ。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

 

大変だったから役に立ったらぜひ労って♥️

斬機いまこう47(強欲で貪欲な壺)

f:id:psychicnaminami:20210627012158j:image

やあ。

きょうは、かねてより入れたり入れなかったりして大抵入れていなくて、マグマ型以降本格的に入れ始めた強欲で貪欲な壺について考えていこう。

なお、以下の構築においてマグマ型要素はもう強貪しか残っていない。

f:id:psychicnaminami:20210627012645j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.06.25】
メインデッキ:41枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】25
バランサーロード ×3
パラレルエクシード ×3
増殖するG ×2
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】13
コズミック・サイクロン
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
抹殺の指名者 ×2
禁じられた一滴 ×3
転生炎獣の聖域

【 罠 】3
斬機帰納法
斬機超階乗
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
原始生命態ニビル ×2
応戦するG
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×2
レッド・リブート
王宮の勅命
魔封じの芳香
セキュリティ・ドラゴン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

まず、強貪の採用理由を考える。

ここで、「手札消費が激しいから」「手札補充がしたいから」などという理由を宣う人がいるようであるが、それは本質的な強貪の採用理由にならない。

強貪の「2枚ドローする」という効果は、かつての強欲な壺と同じく、どのデッキでも皆等しく受けたい効能であって、斬機デッキの性質としてドローがしたいわけではない。

ドローしたいのは当たり前の大前提、どんなデッキでも強貪の効果を使いたくて当然である。

したらば、採用理由において考えることは至極一つだけ、採用できない理由があるかである。

採用できない理由があるならば泣く泣く採用を見送り、無いならば当然採用する。それが強貪というカードであろう。

というわけで、ここからは斬機が強貪を採用できない理由があるかを考えていく。

 

デッキが強貪を採用できない理由の多くは、飛びによる不都合である。

斬機ではどうかというと、一見して飛んでヤバそうなのは1枚ずつの採用のナブラマルチ超階乗である。

ナブラ、超階乗は飛べば先攻展開が成立しなくなる恐れがあり、マルチならファイナルによるワンキルができなくなる。

では、実際これらが飛ぶ可能性があることは強貪を採用できない理由になるのだろうか。

ここしばらく強貪を使った感想としては、それは採用できない理由に値しない。つまり、採用できる。

 

なぜなのか。

まず、先言った3種の飛びによる不都合は実際起きる。

どんなときに起きるのかというと、先攻で初手5枚を見て、強貪を打たないとディサイディヴォまで行けないときに打ってナブラか超階乗が飛びナブラが必須なルートでのみ展開成立できるようなとき。

もしくはディサイディヴォ後に強貪を打たないと展開成立しないときに打って飛んでダメになるとき。

つまり、強貪頼りな初手で頼ったらダメになった、というパターン。

しかし、こういう飛び方に関しては大した問題にならない。

なぜなら、強貪を打たなければ展開成立しないのだから、打って成立しなくてもマイナスにはならず、成立する可能性がある分プラスだから。

(手札の強貪1枚が展開札なら成立するのに…という議論はあると思う。けど、そのマイナス分はプラス分で補われる範囲内であると思う。)

展開成立可能なら展開成立後に打つため、飛びのリスクはマルチのみとなる。

 

では、マルチが飛ぶリスクはどうか。

マルチに既にさわれている場合を除き、強貪を打てば先攻後攻関わらずいつだってマルチが飛ぶ可能性はある。

(マルチを出してから強貪を打つという手順になることは無い。不合理的すぎる)

飛んだらどうなるかというと、ファイナルによるワンキルができなくなる。

が、実際は、できなくなってもよい。

ファイナルによるワンキルを行うことは高頻度であれど8割9割を占めるというほどではなく、アクセスが絡むパターンと半々くらいであると思う。

しかもそのファイナルワンキルの内、多くはアクセスでもワンキルできるけどファイナルの方が誘発受けが良いからやるものである。実は。

その誘発受けの良いワンキルができることはデッキの強みではあるわけだけど、たとえマルチが飛んでそれができなくなったとしても勝利ができなくなるほどではなく、ちょっと妨害のリスクが上がるだけということが大半である。

しかるに、マルチが飛ぶことも大した問題にはならない。

その他、パラレルが2枚飛ぶ、ダイアが2枚飛ぶ、抹殺の先が飛ぶ辺りのリスクは発生する頻度が低く(しかも発生時の不都合が小さく)考慮に値しない。

以上より、強貪が採用できない理由は無く、あらゆるデッキが求めるように斬機デッキも強貪の2枚ドローを求めて採用すべきであるというのがここしばらくの使用による結論である。

 

デッキ内のほとんどのカードは初動札なので強貪で引くカードも初動札が多いということを考慮すると、抜くのは同じく初動札であり飛びによる不都合が比較的大きいデバッガ及びそのサーチ先となった。

デバッガには申し訳ないけど、新たに強力なカードを手に入れた斬機デッキを、これからもより一層練磨していこう。

 

ーーー

 

以上、強貪の採用理由について。

実はデバッガを抜くことによるワンキル時の不都合なども出てきているのだけど、結局どれもこれも2枚ドローのプラス分で補える範囲内であると思えるほど2枚ドローは強力なので、今後は積極的に強欲を貪欲していこう…

マグマ型の他の要素(γ、マイニング、マグマなど)はどれも良いところはあれど結局他のカードの魅力と大差無いことなどもあり現在は全てメインからは抜けている。

諸行無常だね…

 

おしまい。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

機械族いまこう5(メタルクランチ)

f:id:psychicnaminami:20210617003303j:image

やあ。

最近“かをぽっぽのあ”さんとチーム戦に出た。

そこで壊獣カグヤを使っているのを見たり話を聞いたりしているうちに、後攻デッキというものが使いたくなってきた。

今なら、なんか上手く使える気がする…!

というわけで、かねてよりの後攻デッキ、機械族を改めて考えていこう。

(後攻デッキマイスターのみなさんからして、このデッキはどうなんだろうか…もしかしたら、デッキとして成立していないと怒られてしまうかもれないと思うほど、自信は無い。)

f:id:psychicnaminami:20210617003848j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0機械族21.06.17】
メインデッキ:44枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】35
エフェクト・ヴェーラー ×2
獣王アルファ ×2
ダイナレスラー・パンクラトプス
マシンナーズ・カーネル ×2
マシンナーズ・ギアフレーム ×3
マシンナーズ・アンクラスペア ×2
マシンナーズ・フォートレス ×3
マシンナーズ・メタルクランチ ×3
マシンナーズ・リザーブレイク
原始生命態ニビル
増殖するG ×3
壊星壊獣ジズキエル
機巧蛇-叢雲遠呂智 ×3
機巧蹄-天迦久御雷
機巧辰-高闇御津羽?
灰流うらら ×3
PSYフレームギア・γ ×2
PSYフレーム・ドライバー

【 魔法 】9
ハーピィの羽根帚
ライトニング・ストーム ×2
強欲で金満な壺 ×3
機甲部隊の再編制 ×3

【 罠 】0

【 エクストラ 】15
天霆號アーゼウス ×3
ギアギガント X ×3
No.27 弩級戦艦-ドレッドノイド ×2
宵星の機神ディンギルス ×2
PSYフレームロード・Ω
I:Pマスカレーナ
トロイメア・ユニコーン
トポロジック・ゼロヴォロス ×2

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×3
原始生命態ニビル ×2
速攻のかかし ×3
サイクロン ×3
ライトニング・ストーム
キルドレイン ×3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

以前から変わった部分について、考えていこう。

 

・メタルクランチ×3

おそらく、最も特徴的な変更点。

このデッキでは手札0からでもトップの最上級機械からフォートレス+叢雲、自爆してカーネルというのを行ってなるべくリソース切れによる負けを防ぎたいという狙いがある。

そのためにはデッキ内に一定以上の最上級機械を入れなければならないけど、最上級機械はロクなのがいないというのが問題点であった。

具体的な問題点としては、炎機巧や水機巧はss条件が盤面に依存していて、カーネルなども合わせてフォートレスにアクセスできていない状況で引き込んでしまうと盛大に腐るというもの。

メタルクランチはそういった状況でも最低限nsしてフォートレスやギアフレームをサーチでき、同名かぶりもフォートレスssに繋がるため、腐りにくい。

マシンナーズが回っている状況では最上級機械はただのコストとして扱うことも多いため、マシンナーズが回っていない状況での強さというのが採用の決め手となる。

また、マシンナーズネームであるおかげでギアフレームや再編制でサーチできるので、デッキのカーネルが切れてトップのこれらからフォートレスに繋がらないという事態を防ぐこともできる。

 

・炎機巧、水機巧、ジズキエル

メタルクランチを入れた上で、これらを1枚ずつ入れると最上級機械の割合は11/44となり、なんと根拠もないけどこうしたいのでカサ増し。

機巧は同名かぶりでなければそれぞれ出せるので、散らして。

ジズキエルもアルファと一緒に引ければ強いけど、あんまり期待はできない。

 

・アルファ×2

強力だけど、機械族ではないので3→2。

このデッキだと壊獣のようなカードもあまり入っていないので、そこまで積極的に引き込まなくてもよい。

 

・ヴェーラー×2

後攻デッキは誘発が大量に要るのでカサ増し。

これでG3+他8枚体制だけど、正直心もとない。

Gでちゃんと使える誘発を引きたいので、泡でなくこちらで。

回してるときフォートレスとΩを組んで叢雲とディンギルスを出すということもあったけど、そんなの無視してよい…

 

・ニビル

上と同じ。基本妨害が少ないデッキなので、少しでもワンキルされにくくなるようまとめて流せるこれを。

Gの引き先でもあるし、出したあとアタッカーになるのも強力。

 

・ドレッドノイド×2

ランク4からのアーゼウス要員。

破壊耐性の自爆も可能だし、相手を破壊できればアーゼウスを2枚乗っけて4素材にもできる、実は1人2役のカード。

これやディンギルスの上に乗っけるだけのカードを採用することもできるけど、強金で部分的に飛ぶだけで全部使えなくなったりするので、最も下に敷くドレッドノイドとディンギルスだけを2枚ずつ。

他に入れたいカードがあったら1枚にしてもよい。

 

・速攻のかかし

先攻のとき入れて、ノーガードエンドできるようにする。

というつもりだけど、スモークモスキートと違って墓穴やその他色んなカードに何かと無力化されやすい上、場には残らない。

機械族☆1なので手札のフォートレスと合わせる切り方には対応していて、それを評価している。

 

・サイクロン

正直サイドに入れるカードがよく分からなかったので、とりあえず魔鍾洞を割れるカードを入れてみた。

対面を選べばまず腐らないカードなので、入れ換えのバッファとしても使いやすいかも。

 

・スキルドレイン

先攻のとき入れる。

先攻のときとはいうけどこんな変なデッキ相手に相手が選択する先後なんて正直読めないので、かかしもスキドレも先攻専用ではなく、後攻からでも使えるカードを選んだ。

 

ーーー

 

以上、以前からの変更点となる。

このデッキは壊獣カグヤや4軸グッドをイメージしたような構築ではあるものの、やはりそれらと比べるとサーチなどのギミックが多めでそれに頼るところが大きいので、グッドといったら怒られるようなデッキなのかもしれない(だから、機械族)。

 

後攻デッキマイスターのみなさん、どうか、怒らないで…!

でも、アドバイスはして…!

 

おしまい…!

 

Twitter…!→バラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう46(アディオンダイア)

f:id:psychicnaminami:20210611095133j:image

やあ。

後手で展開札がアディオンダイアしかないときって、どうだろうか。

「あぁ~アディオンダイアかぁ~…」と落胆していることだろう。

きょうはそんな、落胆しがちな初手、アディオンダイアの後手の展開を考えていこう。

f:id:psychicnaminami:20210611095246j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機マグマ21.06.11】
メインデッキ:43枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】28
バランサーロード ×3
パラレルエクシード ×3
増殖するG
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3
PSYフレームギア・γ ×3
PSYフレーム・ドライバー

【 魔法 】12
ハーピィの羽根帚
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
抹殺の指名者 ×2
斬機方程式
死者蘇生
転生炎獣の聖域

【 罠 】3
斬機帰納法
斬機超階乗
無限泡影

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
炎斬機マグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
ダイナレスラー・パンクラトプス
原始生命態ニビル ×2
増殖するG
ライトニング・ストーム ×2
禁じられた一滴 ×2
レッド・リブート
王宮の勅命
神の宣告
魔封じの芳香
セキュリティ・ドラゴン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

なぜアディオンダイアで落胆するのか。

これはサブトラダイアなら、(相手にモンスターがいる前提なら)サブトラでディサイss、ダイアでダランでアディオンサーチ、ディサイアディオンでアクセス、53+30勝利!とできるツヨ手札なのだ。バランサダイアも。

が、これがアディオンダイアとなるとダランにアディオンを当てられず同じ展開をしても53+20で勝利とならない。

ダランアクセスでターンを返したとしても妨害もリソースも残らないので、できるならば他の展開を考えたい。

それがアディオンダイアなのだ。

では考えていこう。

 

まずはキルできるパターン。

ディサイss、ダイアでアプデ、トランスアクセスとすれば10600でキル。

ダランを立てない展開のため、妨害が絶対に無いと言えるときだけやるとよい。

灰流は食らわないけど、泡やヴェーラーで終う。

 

ここからはダラン維持パターン。

ディサイss、ダイアでダランでサブトラサーチ、ディヴォssからウィキッドベイルでナブラサーチ、ベイルウィキッドリリースナブラマルチssファイナルで20+60。

ファイナルでキル可能な盤面であればダランを維持したままでもキル可能。

後のパターンではキルはできないので、覚えておこう。

 

次は守備表示しかいなくて、キル不可能なときどうするか。

同じ要領でダラン+ファイナル

ファイナル60で守備表示を2体まで殴り倒した上で、ファイナルを構える。

なんだかんだファイナルで相手からのキルはそれなりに防ぎやすい上、ファイナルでダイアをサーチできて後続になる。

 

同じ要領でダラン+マグマ

マグマ50で守備を2体まで倒しつつ、魔法罠に触れる。

マグマの場合は方程式をサーチして、後続になる。

超階乗でもいいけど、さらに1ターンかけられるなら。

 

同じ要領でマルチの代わりにシグマss、マグマss

守備力が25未満の場合はマグマを50にする意味は無いので、シグマを落としてリソースを増やすことができる。

シグマを場に出して20+25+10で殴ることもできるけど、そんなに意味無さそう。

 

ーーー

 

アプデでキル

ダラン+ファイナルでキル

ダラン+ファイナルで盤面処理

ダラン+マグマ50で盤面処理

ダラン+マグマ25で盤面処理+墓地シグマ

 

以上、アディオンダイアからの展開。

ダイア維持展開の場合はどれもディサイディヴォ経由なのでマリガンもできて、引き次第ではキルも期待できるようになる。

また、こうしてディヴォ下でも色々できるのはリンクとその他が共存している斬機ならではであって、デッキの強みが出ているのではなかろうか…

 

マグマ型もどんどん研究していこうね。

それでは。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

カワイイは正義 そんな定義 誰が決めたの?

f:id:psychicnaminami:20210604125615j:image

2018年放送のHUGっと!プリキュアにて登場する、「LOVE&LOVE」という曲がある。

その中に、こんな歌詞が登場する。

 

カワイイは正義 そんな定義 誰が決めたの? ノーノーセンキュー

 

一瞬ほほうとなる歌詞のような気もするけど、ん?となった人もいるのではなかろうか。

そう、「カワイイは正義」は本当に定義なのだろうか。

「定義」というのは、新しい概念を作る際に、その概念が満たすべき必要かつ十分な条件を、既に定義された言葉を使って定めることである。

文脈からすれば、この歌詞は「「カワイイ」こととは「正義」であることである」という、「カワイイ」の定義なのだけど、あえて文脈を無視すればこの歌詞は「カワイイ」の定義もしくは「正義」の定義ということになる。

いずれにせよ、「カワイイ」と「正義」が互いに必要十分になる関係を得ることになる。

ここで一旦形式的な話をやめ、「カワイイが正義」の意味について考える。

これは普段、「カワイイならば正義」という捉え方をする(根拠は無いが、多くの人は否定しないと思う)。

すなわち、カワイイものはみな正義であるが、正義であるものがみなカワイイとは限らない、ということである。

(戦隊ヒーローなどはカワイくないが正義であ

る)

ということは、普段私たちは「カワイイは正義」のことを定義文だと思っていない。

そう、これは定理である。

定理とは、仮定されている公理から導かれる、定義された言葉を使って書かれる命題のことである。

「カワイイ」と「正義」にはそれぞれの定義があり、その定義によると、「カワイイは正義」が導かれるのだ。

例えば、「カワイイ」ものの定義は「見たら癒される」もの、「正義」なもののの定義は「人を助ける」ものだとする。

そして、「見たら癒されるもの」は「人を助ける」という公理が仮定されているとする。

すると、これらから「カワイイは正義」を証明することができる

定義は証明できない。

定理だから証明できるのである。

定義と定理は全く異なる意味なので、間違えてはいけない…

 

ーーー

 

続いて(!?)、2015年放送のアイカツ!4thシーズンにて登場した、「シアワセ方程式」という曲に、こんな歌詞がある。

 

あなたが笑う 私も笑う おんなじシアワセ満たす方程式

 

問題となるのは、聡明なみなさんならもうお分かりだろうが、「おんなじシアワセ満たす方程式」の部分である。

体言止めを解消してSVOの形に直すと、これは「方程式が おんなじシアワセを 満たす」ということである。

ここで、数学における「条件」について考える。

「条件」とは、(例えば「xの条件」であれば)「x」を含む文であり、「x」を具体的なモノ(きちんと定義されたモノ)に置き換えると真偽が定まる命題になるものである。

例えば、「xの方程式」は「xの条件」である。

「2x-1=0」などと書いてあれば、これ自体の真偽は無いけど、例えばx=1とすれば真偽が定まる。

(偽になる。真になるのはもちろんx=1/2のとき)

こういうとき、今xに当てはめて真になったモノ、1/2は「条件を満たす」という。

つまり、条件に関する文において、「◯◯は△△を満たす」と言ったなら、△△は条件、◯◯は(条件を真にするような)モノ、ということになる。

ここで、「方程式は おんなじシアワセを 満たす」に戻る。

方程式は、普通「条件」として扱う。

なので、「◯◯は方程式を満たす」などと言うが、歌詞では「方程式は△△を満たす」となっている。

通常の言葉の使い方なら「おんなじシアワセが 方程式を 満たす」となるはずなので、この歌詞はおかしい!

 

・・・とも言えない。

この歌詞の意味を考えよう。

「あなたが笑う 私も笑う おんなじシアワセ満たす方程式」ということだけど、ここで言う「おんなじシアワセ」とは「あなたが笑う」ことと「私も笑う」ことが同じだと言っているのだろう。

だとすると、ここでの「方程式」とは、「あなたが笑い、私も笑うモノ」であると読める。

方程式のおかげで、あなたも私も笑うのだ。

ということは、「方程式」は「あなたが笑い、私も笑う」(⇔おんなじシアワセ)という条件を満たす

すなわち、「方程式が△△を満たす」という形で書かれて然るべき状況である。

先ほど「◯◯が△△を満たす」の◯◯にはモノ、△△には条件が入り、方程式は条件だと言ったけど、条件はモノである。だから◯◯に条件を入れることはなんの問題も無い。

この歌詞では、「方程式」を条件として扱っているのではなく、単なるモノとして扱っているのである。

「方程式」「満たす」という言葉が並んでいるからつい惑わされてしまったけど、この「方程式」と「満たす」は関連性の無い言葉として扱われていた。

正直、そんな言葉の使い方は不自然だと思うし、作詞者も「方程式」だから「満たす」という言葉を(不自然だと気づかずに)使ったのだという風にメチャメチャ見えるけど、まあそんなことはどうでもよい…

 

ーーー

 

日常において、数学の話ではないけど数学用語を使いたくなることが、あると思う。

そんなときは、ぜひ一度、使おうとしている数学用語の正しい定義、意味、使い方を調べてみてから、正しい使い方をしてほしいと思う。

別にわざわざ調べることでもないと思う方は、まあそれでもよい。

そのまま間違った言葉を使い続けてあそばせ…

(完全に余談だけど、「母数」という言葉は数学をやらないほぼすべての人が間違った意味で使っている。よかったら正しい意味を調べてみてみるとよい)

 

それでは。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter

斬機いまこう45(採用カード割合)

f:id:psychicnaminami:20210523005822j:image

やあ。

最近はちょっとホントにアレがアレでCSに出ていないので、本腰を入れて斬機の構築70枚をきっちり作るということをやってない。

から、きょうはとりあえずそれを作るつもりで、とは言ってもメタの部分は今決めることではないので、構築の基盤の部分を考えていこう。

さらに言うと、斬機いまこう44(マグマ型) - 螺旋式うぇーぶで扱った要素のうち、従来の型でも使えそうな強欲で貪欲な壺だけを取り入れることを前提としてみる。

f:id:psychicnaminami:20210523010307j:image

▼△▼△▼遊戯王デッキレシピ▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デッキ名:【0斬機21.05.23】
メインデッキ:41枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 モンスター 】27
エフェクト・ヴェーラー
バランサーロード ×2
パラレルエクシード ×3
増殖するG ×3
屋敷わらし
斬機アディオン ×3
斬機サブトラ ×3
斬機シグマ ×3
斬機ダイア ×3
斬機ナブラ
斬機マルチプライヤー
灰流うらら ×3

【 魔法 】10
ハーピィの羽根帚
三戦の才
墓穴の指名者 ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
抹殺の指名者 ×2
転生炎獣の聖域

【 罠 】4
斬機帰納法
斬機超階乗
無限泡影 ×2

【 エクストラ 】15
塊斬機ダランベルシアン ×3
塊斬機ラプラシアン
炎斬機ファイナルシグマ
リンク・ディサイプル
リンク・ディヴォーティー
リングリボー
転生炎獣ベイルリンクス
アップデートジャマー
コード・トーカー・インヴァート
サイバース・ウィキッド
スプラッシュ・メイジ
トランスコード・トーカー
アクセスコード・トーカー

【サイドデッキ】15
アーティファクト-ロンギヌス ×2
原始生命態ニビル ×2
ツインツイスター ×3
禁じられた一滴 ×3
禁じられた聖杯 ×2
レッド・リブート
王宮の勅命
セキュリティ・ドラゴン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このデッキは「構築王」によって作成されました。

 

メタ以外の部分について考えるということで、必須枠・誘発枠・…みたいな感じにデッキ内のカードを役割ごとに分割し、それぞれの割合を決めていこう。

 

まずは、サイバース族。

これまでの構築では、およそ24/40をサイバースにすることで先攻で平均3枚のサイバース族が揃うようにしていた。

これは、2枚の基本展開ではなく3枚の灰流ケア展開ができることを重視したものであった。

この考え方は再び利用する。 

が、今回強欲で貪欲な壺を採用するので、それを加味した初手平均を考えたい。

これは、強欲で貪欲な壺は単純に他のカードに変わるカードだと仮定して、最初からデッキ枚数から除いて考えることにする。

(強欲で貪欲な壺で手札の枚数自体が増えることは考慮しない)

多少マグマ型の考え方を引き継ぎ、そこまで先攻展開を重視しない枚数にするとして、とりあえずデッキを41枚、サイバースを19枚採用するとこうなる。f:id:psychicnaminami:20210523011526j:image

f:id:psychicnaminami:20210523011756j:image

これは1枚目が先攻5枚、2枚目が後攻6枚のうちの特定カードの枚数の確率密度関数で、横軸が初手5(6)枚のうち特定カードの枚数、縦軸が確率となっている。

これを見ると、サイバースの初手枚数は先攻では2枚と3枚が等しい確率で、後攻では3枚が最も高い確率となっている。

まあ、今言ったことがほとんど今回達成したかった条件なので、デッキ41のサイバース19でOK!ということになるけど、もう少し細かいことを。

なぜデッキが41なのかというと、そもそも40を前提に考えたとき40,19(19以上)で今回の条件が達成することが分かる。

が、ここでデッキ枚数の方を増やしていくと41,19でも条件は達成、42,19だと未達成となる。

ので、デッキに入れておきたいカードの種類や強貪の飛びのため、条件達成するデッキ枚数とサイバース枚数の組のうち、デッキ最大、サイバース最小の組である41,19にすることにした。

デッキを41にすることはこの後言う別の条件にも抵触することは無い。

サイバース19が良いとの結論が出たので、従来のサイバース23のうち強貪と共存しないデバッガセット4を抜いて、残りの19を採用する。

 

次に、手札誘発の枚数を考える。

これは先に条件を言うと、後攻の初手5枚で1枚以上が2/3を達成したい。

(この設定とした理由については、明らかな論理的間違いがあったのでまた改めて考え直します… ただ、今回は設定の内容はそこまで重要でなく設定に対する採用枚数の決め方の話なので、このまま続けます)

で、今度は考慮するのは強貪でなく増殖するGとなる。

条件の1枚以上というのは1回以上妨害したいという意味なので、増殖するGは手札誘発の枚数から除くことにする。

(そもそも3枚採用することは強貪と同じく前提とする)

が、増殖するGは後攻からドローが可能なので、先の強貪と同様に他のカードに変わるカードとしてデッキ枚数からも除くことにする。

(相変わらず、ドローする枚数は考慮しないことにする。そもそも通らなかったりだとか、他のカードに変えることすらできないなどということも発生しうるけど、それは強貪とか他のどんなカードについて考えるときにも同様であって、当然全てを考慮しきれないからここで決めた仮定以外の要素は潔く無視する。)

すると、デッキ41で手札誘発7にすれば、このようになる。

f:id:psychicnaminami:20210523014029j:image

これを見ると、0枚となる確率が約33.9%なので、1枚以上となる確率は約66.1%である。

2/3にはギリギリ達成していないけど、厳密に2/3必要なわけではない上、8にすると約71.6%となり上がり幅が大きすぎてしまうので、これでよい。

(40→41にしてもよい理由でもある)

採用する手札誘発は灰流3、抹殺用で泡、ヴェーラー、いつものわらし、あと1枚は後引きでも使える泡(この辺は少しメタを意識した話)とした。

 

というわけで、サイバース19、手札誘発7、強貪3、G3で残り9を指名者4、三戦、羽根、聖域、超階乗、帰納法と必要なカードを入れ、完成となった。

 

ーーー

 

とりあえず基盤というか、構築の軸はこれで決まったのであとは実際にCSに出るときにそれに合わせて微調整して改めて完成ということになる。

結局あんまり普段の構築と変わったわけでもないし、なんの意味があったのかと思われるかもしれないけども、こういうことをちょびちょびとやっておくことでいざ微調整をするときに明確な、論理的な判断を下せる(こうしないと下せない)と思っているので…、やるよ。私は。こういうことを。ちょびちょびと。

 

6月になったらようやくアレもアアいう感じになるのかなぁ…

それでは、オシマイ。

 

Twitterバラノラ (@psychicbaranora) | Twitter